家族の病気への対応 改善のために必要なこととは

診断書と入院給付金

病気や怪我で入院した時など、医師の診断書が必要になる場合があります。生命保険や医療保険に加入していて入院が必要になった場合、保険会社に入院給付金を申請するためには医師の診断書が必要になります。そして、入院給付金支払いの要件を満たしているかどうかが、保険会社によって審査されることになります。診断書作成の申請は通常患者本人から行なわれ、家族や親戚の受け付けは委任状を要求する病院もありますが、患者本人が子供だったり認知症を患っている場合には、判断能力を考慮して受理されるようです。
大病院では文書課が窓口となり、診断書作成の受け付けや交付を行なってくれます。文書課から主治医のもとへ、診断書作成の依頼がなされます。診断書においての最重要事項は病名で、入院期間も必要事項です。書式は保険会社や医療機関によって異なってきますが、作成期間は3週間ほど・金額は5千円前後が通例となっています。保険会社での審査後は、患者本人の銀行口座に振り込まれるのが一般的です。保険会社の医療保険は、加入すれば再度の入院やほかの診療科にかかった場合など、何回でも申請して受給することができます。日頃は毎月保険料が銀行口座から引き落とされて損をしているような気分になることも有りますが、いざと言う時医療保険は家計の強い見方になってくれます。私も母の介護をしていますが、医療保険のおかげでお金のやりくりをすることができました。
現在は、外資系で安い掛け金で加入できる医療保険が増えました。複数の保険で家計を圧迫させる必要は有りませんが、内容を吟味して一つに絞り入っておいても良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です